売りアパート 物件情報の読み方

売りアパート 物件情報の読み方

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

物件情報を読んで候補を絞る

老後のアパート経営のための物件探しの続き。

 

表面利回りが10%を超えていて、しかも現状は満室状態。

 

価格は1880万円だから、諸経費込みでだいたい2千万円で手に入るお手軽価格。

 

満室状態だから、すぐにリフォームする必要もない。

 

築25年だから、すぐに取り壊す必要もなさそうだ。

 

つまり購入してすぐに大きな出費があるわけでもない。

 

こういう物件は、かなりよい物件のハズ。

 

なのになぜ売りに出されているのか?そしてまたなぜネットにアップされているのか?その辺りの事情がハッキリすれば、当然投資の対象になってくるだろう。

 

なのでこういう場合は、すぐにメールか電話で問い合わせをすればよい。

 

場所が近ければ、外観だけでも確かめに行くとよい。

 

そうすれば、今は満室状態だが、近々に空室になる予定で、そのあとトイレや風呂など水回りを全部変えないといけないとか、オーナーさんがかなりの年で、引退したいから手放すのだとか、相続の財産分けのために、資産を現金化するためだとか、そう言った「売り主が売りたい理由」がハッキリする。

 

理由が分かれば価格交渉の余地もあるだろうし、売り主の言い値で買っても儲かるかどうかの算段も付く。

 


スポンサードリンク

良すぎる物件には、必ず何か問題がある

投資用アパートの物件探しはスピードが重要だ。

 

というのも掘り出し物がずっと広告やネット上にさらされているわけがないから、良さそうな物件があればすぐに問い合わせを入れて、どういう物件なのかを仲介業者に尋ねないといけない。

 

良さげな物件情報が新しく公開されたばかりであればラッキーで、すぐに問い合わせして物件を見に行かないといけない。

 

逆に良さげな物件がずっと残っている場合は、物件に何か問題があって、そのせいで売買が成立しないという可能性が高い。

 

条件がよすぎる物件には、なにか問題がある」これはどんな商取引にも言えることだろうけれど、とにかく不動産屋や仲介業者に問い合わせをして、現地調査をしてみないと分からないものだ。

 

そしてそのためには、物件情報を素早く読みとって、どういう物件が良いのか日頃から目を養う必要がある。

 

普通の商品と違って、不動産の物件は一つしかないので、買えるのは1番目にお金を払った人だけだし。

 

そのためには売りアパートや売りマンションの物件情報を見て、家賃がどのくらいで、すぐにリフォームが必要かどうか、空室が出たら次に埋まるまでどのくらい時間がかかりそうかなど、パッと見て判断できるようにならないと、そう簡単には儲かるような投資物件は見つからないはずだ。

 

NEXT:告知事項あり物件には要注意

スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加