陽当たり改善の工夫 パッシブソーラーハウス

陽当たり改善の工夫 パッシブソーラーハウス

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

太陽光採光システムとダイレクトゲイン

女性は寒さに弱い人が多い。

 

そのため、日当たりの悪い部屋は、それだけで敬遠されてしまう。

 

日の当たらない住宅は、寒くて湿った住宅になる。

 

こういう住宅は、カビなどが生えやすく、ダニもわきやすいので健康に悪い。

 

なので運悪く陽当たりの悪い物件を手に入れてしまった場合は、リフォームで旨く工夫して、陽当たりの悪さと、風通しの悪さを改善しなければならない。

 

近年の住宅基準には、換気性能の基準もあるので、新しい物件と古い物件では、住みやすさ自体がかなり違うしね。

 

で、リフォームにお金をかけることができるのであれば、「太陽光採光システム」を導入して、暗い部屋に光を取り入れる。

 

太陽光採光システムには、鏡を組み合わせて使うものと、プリズムやレンズと光ファイバーを用いるものがある。

 

太陽光追尾システムで常に太陽の方向に向き、光を取り入れてくれる。

 

またの当たるベランダに温室を造り、蓄熱能力のあるコンクリートや大理石など敷いて、熱を室内に取り入れる工夫も必要だろう。

 

直射日光による熱のことを「ダイレクトゲイン」と呼ぶが、ダイレクトゲインをいかに部屋に取り込むかが部屋を暖かくできるかの鍵だ。

 

物件によっては、日が当たってるのに寒い部屋というのもあるので、日が当たっている部分で熱を集めて部屋に送り込まないとね。

 

こういう風に太陽光などをうまく取り入れて、暖房費が節約できるような家を、特にパッシブソーラーハウスと呼んだりする。


スポンサードリンク

パッシブ・ソーラーハウスとは

太陽光の熱をしっかり取り入れる工夫をした家をパッシブ・ソーラーハウスと呼ぶ。

 

パッシブ・ソーラーハウスには、太陽光による熱を逃がさず暖める仕組みがある。

 

具体的には、直射日光のダイレクトゲインを集めるために、コンクリートやレンガ、大理石などの蓄熱素材を敷き詰めて、その熱を部屋に導き入れる。

 

.トロンプ壁・トロンプウォール」と呼ばれる方法で、直射日光の当たる窓の内側に、集熱素材と蓄熱素材を組み合わせた壁を造って、熱を室内に取り込んで循環させる。

 

トロンプウォールの基本的な考え方は、昼間に床や壁に熱を蓄えておいて、その熱を夜の間に室内に放熱させる。

 

日向で暖めた石を室内に入れて部屋を暖めるというイメージだね。

 

他には、南向きの窓やベランダにサンルーム(温室部屋)を作って熱を取り入れる方法などがある。

 

これは寒い北国の家屋によくある仕組みだが、ベランダ全体をアルミサッシやアクリル板で囲い、冬場はそれを締め切ることで太陽光から熱を集める。

 

温室には大理石などの蓄熱効果が高い物を置いて、熱を蓄える。

 

一方、アクティブ・ソーラーハウスでは、太陽光温水器やファンなどを使って、より多くの熱を部屋に取り入れる。

 

温水の代わりに不凍液などを部屋に循環させるため、毎年メンテナンスが必要になる。

 

パッシブ・ソーラーハウスでは、室内にうまく熱を循環させるのが難しいが、アクティブ・ソーラーハウスでは、ポンプやファンを使うので、熱をうまく循環させることができる。


スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加