不動産には掘り出し物はない?

アパート経営で利益を上げるには、利回りがよい物件を手に入れないといけない。

 

しかしそんなお宝物件など、市場にはまずでてこない。

 

不動産には掘り出し物など無いというのが定説らしい。

 

その理由は簡単で、掘り出し物物件が出た瞬間にいち早く不動産屋が押さえてしまうから

 

というのも新しい売り物件の情報が持ち込まれるのは、物件の周辺の不動産屋さんに決まっているからだ。

 

「この物件、売りたいのだけれど…」と言う風に売りアパートの情報は、当然ながら普段からつきあいのある物件仲介業者に持ち込まれる。

 

そこからFAXなどで周辺の仲間の不動産屋さんに物件情報が流されて買い手を捜すわけだが、不動産屋さん自体も自分で物件を持っていて、賃貸経営をやっていることが多い。

 

つまり不動産屋さん自体が、大家さんをやってることも多いわけだ。

 

なのであまりにも条件が良い物件ならFAXを流さずに自分や仲間内で買ってしまったりするわけだ。

 

あるいは以前から物件を探しているお客さんがいたら、先にそちらに連絡を入れて、賃貸物件を見せたりする。

 

成約すれば仲介手数料をもらえるのは自分だから、これは正当な商行為だ。

 

そうなると当然、市場にはその掘り出し物物件は当然の事ながら出てこないってことになるわけだね。

 

なので素人が優良の賃貸物件を手に入れるには、方法としては2通りしかない。

 

それは

  • 不動産屋さんと懇意になって、良い物件があったら教えてもらう
  • 優良でない物件を、リフォームなどで優良物件に変える
ということになる。

 

NEXT:掘り出し物の賃貸物件を手に入れるには




広告


このエントリーをはてなブックマークに追加