満室偽装 不人気物件を掴まないためには

満室偽装 不人気物件を掴まないためには

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

満室偽装 不人気住宅を掴まされないために

収益用物件選びには、物件を見る目が必要だ。

 

中古物件を選ぶにしても、新築物件を見るにしても、物件を見る目がなければ、問題物件を押しつけられかねない。

 

収益用物件・収益用アパートを譲り受けるにしても、借り主側の視点で住み続けたい住宅でないと、空き室ばかりになって赤字続きになったりする。

 

満室だと聞いていたのに、譲り受けた途端、店子が三々五々、引っ越していって、いつの間にやら空室だらけ、と言うようなことも、多々あるらしい。

 

こういうのを満室偽装と呼ぶ。

 

満室偽装される物件は、問題物件であることが多い。

 

前の所有者が空室に困って物件を手放したいのだが、空室では買い手がつかない。

 

そこで満室だと偽って買い手を探し、売買が成立したら、入居者が三々五々、退室していき、替わりの入居者もなく、空室に悩まされる日々が始まる

 

収益用物件の場合、最悪、自分が住めば良いのだけれど、借金して買ったりすると、その返済で首が回らなくなる。

 

なので入居者をどうやって集めるかが問題になるのだが、満室偽装までして売りつけられた物件だけに、そう簡単には入居者は見つからない。

 

因みに、満室偽装を見抜くには、次のような点をチェックすべきだという。

 

実際に物件を見て、入居者が生活しているかどうかを調べる

電力メーターの周り具合や郵便受けの状況などから、生活感をチェックする。

 

入居者の契約書を確認する。

入居日の時期が集中していないかどうかを確認。
学生アパートなら、2月3月に退室→4月から入室という風に時期が重なるが、一般の収益物件であれば、こういうことは少ない。


スポンサードリンク

満室偽装 欠陥住宅

満室偽装される物件は、入居者がなくて空室ばかりの物件だ。

 

こういう物件を掴まされないようにするには、何が問題なのかを見極める必要がある。

 

住宅自体は問題が無いのに入居者が集まらないのか、それとも住宅自体に問題があって入居者が入らないのか。

 

欠陥住宅だったら、満室偽装以前の問題で、リフォームして欠陥を解消しないといけなくなる。

 

欠陥住宅とは、建築基準法などの規定どおり建てられていない物件だ。

 

民主主義の国アメリカでは、設計図の段階で検査、建築途中で設計図通りに建てられているか検査というふうに、建物を建てるときに検査があるのだが、日本にはない。

 

100平方メートル以上ある学校とか劇場とか、病院とかスーパーなどの、大きな建物に関しては検査が行われるが、一般のマンションや一戸建て住宅にはない。

 

つまり日本では、建て主の責任で建築が行われているため、欠陥住宅が山ほどあると言うことらしい。

 

なので欠陥住宅を、満室偽装で掴まされたら、もう目も当てられないことになる。

 

入居者が居なくなるのは、どちらも同じだけれど、リフォーム費用を考えると、建物だけでもちゃんとしたモノを購入しないと、収益を生むどころか、損益ばかりになってしまう。

 

新米大家さんだと、どうしてもこういう訳あり物件を掴まされやすいので、満室偽装物件を掴まされても、欠陥住宅は絶対に掴まないように注意しないといけないね。

 

欠陥住宅でなければ、満室詐欺に遭っても、ちゃんとした管理会社を選べば、新しい入居者を探してきてくれるようだし。


スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加