ビルトインコンロ キッチンのリフォーム

ビルトインコンロか、セクショナルキッチンか

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

2口コンロを、3口コンロに替えるには

収益物件の物件探しの目安。

 

キッチンの設備も、借家探しの判断材料の一つだ。

 

料理をする人にとっては、コンロは2口以上ないとダメだと考えていて、狭いワンルームマンションでも、2口コンロを条件の一つにして部屋探しをするようだ。

 

2口以上ないとダメということは、実は3口あった方が良いって事だから、ファミリー向け収益物件なら3口コンロは必須なのか?と思ったりもする。

 

そこで、台所だけでもリフォームして、2口コンロから3口コンロに替えることも検討材料だ。

 

ところが実は3口コンロというのは、ビルトインコンロといって、キッチンに組み込むタイプしかない

 

そのため、3口コンロを導入するには、ガス管工事も必要で、キッチンの大規模なリフォームが必要になる。

 

リフォーム費用は、100万円以上、200万円未満といったところか。

 

さらにビルトインコンロの場合、故障対応も結構あるので、維持コストも必要になるので、果たしてそこまで費用をかけてリフォームすべきかどうなのかは疑問だ。

 

テーブルタイプコンロであれば、ガス台を新調しても10〜20万円前後の費用で済むし、システムキッチンではなく、セクショナルキッチンでリフォームした方が良いかも知れない。

 

住宅用コンロの種類
  • ビルトインコンロ(3口コンロ)
  • コンパクトコンロ(ビルトイン型、2口コンロ)
  • テーブルタイプコンロ(2口コンロ)
  • 1口ガスコンロ
  • IHコンロ(電磁コンロ)
  • カセットコンロ

 


スポンサードリンク

セクショナル・キッチンで、リフォーム費用を節約する

キッチンに関する収益用物件選び。

 

引っ越し先選びの条件に、キッチン設備の充実を求める内見者の目を引くためには、何をすれば良いのか。

 

料理好きな入居者の目を引くには、システムキッチンによくある3口コンロが、一つのアピールポイントになるかも知れない。

 

3口コンロというのは、システムキッチンにしかないため、3口コンロがあるかどうかだけで、キッチン設備が充実していることが分かるからだ。

 

しかし3口コンロは、システムキッチンでなければ導入できないし、古いキッチンをシステムキッチンにリフォームするには、少なくとも100万円はかかる。

 

他にもリフォームすべき場所もあるだろうに、キッチンだけで一室あたり100万もかけるのは、さすがにリスクが高い。

 

そこでもう少し安くキッチンをリフォームして、アピールしたいところだが、どうすれば良いか。

 

そこで登場するのが「セクショナル・キッチン」だ。

 

セクショナルキッチンというのは、流し台・調理台・コンロ台という3つのパーツに別れたキッチン家具で、古いキッチンを撤去して、入れ替えるだけで使える。

 

ビルトインコンロのように、ガス栓工事も必要無いし、電気工事も必要無い。

 

セクショナルキッチンなら、シンクも大きくできるし、奥行き

 

価格も本体価格が20〜30万円で、工事費を含めても50万円以下ですむ。

 

賃貸情報サイトなどを見ても、築年数が大きな物件は、いかにも「昭和のキッチン」のままのところが多い。

 

なのでキッチンを入れ替えているだけでも、かなり差別化になるはずだ。

 

家賃が5万円台の文化住宅だと、50万は年間家賃に相当するが、一年間空室になる事を考えれば、そんなに高い投資でもないだろうし。

 

※因みに、セクショナルキッチンでも、3口のビルトインコンロが使えるコンロ台も、あるにはある。


スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加