空室対策、入居率を高めるコツ

空室対策、入居率を高めるコツ

★第1位★空室はこうやって埋めろ。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★第2位★まずはアパート一棟、買いなさい!石原博光の次世代アメリカ不動産投資術

★第3位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

仲介業者が紹介しやすい物件か?

アパート経営の最大の問題は、入居率を高く保つこと。

 

すなわち空室対策だろう

 

アパート経営を始める前は、自分がアパートを持ったらずっと満室で家賃収入が入ってくるなんて夢想してしまうが、現実というのはそう甘くない。

 

エイ●ルとか賃貸住宅の仲介業者に入ってもらっても、そうそうこちらの都合に合わせて入居者はやってこない。

 

それどころか実は、全然自分のアパートを紹介してもらえていないなんて事もあるようだ。

 

理由は「部屋に魅力がなく、紹介しにくいから」だったりする。

 

というのも仲介業者も仕事だから、すぐに決まりそうな物件から紹介する。

 

部屋を探しているという人が来たら、色んな物件を紹介して、そのうち3つくらい車で現地へ案内するわけだ。

 

そうやって2〜3時間、案内して契約を結んでもらうわけだから、仲介業者の営業さんも、無駄足を踏みたくないわけである。

 

となると必然的に、すぐに決まりやすい部屋から順番に紹介することになる。

 

たとえばフローリングの部屋が流行っていたら、フローリングの物件ばかり紹介するし、バリアフリーの物件が流行っていたら、そう言う物件ばかり紹介する。

 

そうなると、何の変哲もない自分の物件なんか、後回しになってしまい、何か問題を抱えているようなお客さんばかり連れてくることになる。

 

つまり部屋を借りたい人が、一目見て「ここなら住んでもいいかな」と思うような部屋でないと、仲介業者さんも紹介してくれないってわけだ。

 

さらに仲介業者さんがドンドンお客さんを連れてきても、契約に結びつかないようなケースだってあり得る。

 

先に自分のみすぼらしい物件を見せておいて、そのあと本命のきれいな別の物件に連れて行くって事もあり得るから、そう言うダシにされないような物件でないと、満室どころか、ガラガラ経営で大損にもなりかねない。

 

NEXT:空室対策・安易なリフォームは命取り


スポンサードリンク

スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★空室はこうやって埋めれば良い。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★第2位★まずはアパート一棟、買いなさい!著者・石原博光の次世代アメリカ不動産投資術

★第3位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★まずはアパート一棟、買いなさい!著者の金利1.5%の融資で利回り19%の満室経営をする方法

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

アパート経営 空室対策 人気教材ランキング

★★空室はこうやって埋めれば良い。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加