トイレの進歩にビックリ トイレのリフォーム

トイレの進歩にビックリ トイレのリフォーム

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

トイレの進歩は日進月歩

トイレのリフォームも、収益物件をアピールする大きなポイントだろう。

 

賃料が安い物件の情報を見ると、トイレが古臭い物件も多く、汚れが目立つトイレの写真を平気で載せている家主さんも多い。

 

というのも住宅設備の中で、近年、最も技術革新が進んだのが水洗トイレの便器なので、違いが目に見えて分かるからだ。

 

近年の便器は汚れが付きにくい素材が使われるようになり、また縁無し便器などのように、水が出るノズルがないタイプの便器も普及している。

 

そのため、新しいトイレと古いトイレでは、汚れ方が全然違うので、トイレ掃除も非常に簡単になっている。

 

また水洗トイレの節水能力も飛躍的に向上した。

 

20世紀末の水洗トイレというのは、一回流すのに13リットルくらいの水を使っていたが、現在の最新の便器は、なんと5リットルしか使わずにトイレ洗浄ができるのだという。

 

15年前の便器の半分しか水を使わないため、家族が多い家庭では、水道料金もかなり違う。

 

便器が汚れにくく掃除が簡単、水道料金も節約できるとなれば、最新式トイレを採用している物件が選ばれるのも、当然のことだろう。

 

ということで、古い物件であれば、トイレのリフォームも必須かも知れない。

 

トイレのリフォームの例として一番コストが嵩むのは、和式便器を洋式便器に替えるパターンで、床を壊してて、さらに電源コンセントを引いたりする場合だ。

 

一番安く付くのは、既にトイレに電源コンセントがある洋式便器の交換だが、水道の配管作業などもあるため、ホームセンターで工事費込みの見積もりなどをとって比較すべきだろう。

 

トイレのリフォームにかかる費用は、便器の値段や作業によって替わるが、だいたい15万円から30万円くらいになるという。



トイレのリフォーム失敗例

トイレのリフォームは、意外に難しい。

 

というのもトイレというのは汚れやすく、汚くなる原因が山ほどあるからだ。

 

トイレのリフォーム失敗例にも色々あるが、ほとんどが見栄え優先でリフォームしてしまった結果、尿汚れや臭いに悩むパターンが多い。

 

よく見かけるリフォーム例の一つが、トイレの床をフローリングにしてしまったため、尿に含まれるアンモニアで床がすぐに傷んでしまうケース。

 

トイレというのは風呂と同じように水回りなのだから、木製のフローリング床にすること自体、かなり突飛にも思えるのだが、どういうわけだかフローリングにしたい人が多いらしい。

 

しかし実際にフローリングにすると、木製の床がアンモニアで傷んでしまって、シミができたり黒ずんだりして、非常にみっともない様子になってしまう。

 

トイレの床は、水拭き掃除をすることを考えて、大きなタイルにしておいた方が良い。

 

最近は、光触媒で汚れや臭いを分解するハイドロテクト・タイルなども販売されているので、トイレの床には、掃除しやすいこういうタイルを使うべきだろう。

 

別の失敗例としては、便器のサイズが大きすぎて、トイレが狭くなってしまい、掃除がしにくくなるというケースがある。

 

和式便器を洋式便器に変えるとき、タンク式の便器を使うと、奥行きが意外にあるため、便所が20センチくらい一気に狭くなったりする。

 

デカい便器はゆったりして良いのだけれど、そのせいでトイレ掃除が難しくなると、汚れが溜まりやすくなって不快になる。


スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加