投資に向く物件、向かない物件

最初の投資物件は、すでに入居者のいる中古アパートにすべし。

アパート経営や不動産投資は、最初は1,000万以下からスタートするべきだという。

 

というのもいきなり大きな投資をして、その投資がうまく回らなかったら、次の投資が出来なくなる。

 

更地に新しいアパートを建てて、入居者を募集したらすぐに満室になって…というのは一種の夢物語で、現実はそう簡単には満室にはならない。

 

それにすぐに満室になるような場所では、すぐに競合他社が出てくるから、あっという間にお客をとられると言うこともあり得る。

 

新築物件というのは、建物自体は新しいが、入居者をこれから集めなければならないと言うリスクがある

 

スムーズに八割方埋まればよいが、賃貸の不動産は今や供給過剰が当たり前。

 

となると最初はリスクの少ない中古物件から始めるのが妥当な不動産投資って事になる。

 

中古物件がなぜ良いかというと、すでに入居者がいて、すぐに家賃収入を得ることが出来るからである

 

場合によっては満室の状態で、アパートや賃貸物件が売りに出されることもあるようで、そう言う物件を探して投資するというのが良いようだ。

 

満室の場合、すぐにリフォームする必要もないから、追加費用も大して発生しないから良いことづくめである。

 

しかしそんな良いことずくめのような物件が売りに出されているのか?いうと、意外と売りに出ているモノらしい。

 

たとえば遺産相続で現金化が必要な場合とか、トラブルなどがあって売り主がとにかく手放したがっているとか。

 

売り主側の事情にも色々あるし、売りたい理由にも色々ある。

 

だから常識に囚われないで、そう言う物件がどこに売りに出されるか、常にアンテナを拡げて待っておくとよいようだ。

 

NEXT:一番儲かる投資物件の価格帯は?



広告

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第2位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第3位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第4位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム


このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電 相談
産業用 戸建 産業用



トップへ戻る