いくらくらいの物件が狙い目か?

家賃収入を得るための投資物件の探し方。

 

最初は1,000万以下の物件で、現金で一括で買える物件を狙うと良いという

 

そして新築ではなく、中古物件で、既に入居者がいるアパートなどが良いという。

 

理由は簡単で、入居者がいると、家賃収入がすぐ入ってくるし、リフォームなども最小限ですむからだという。

 

大手の建設会社や住宅メーカーなどでは、2000〜3000万円の物件からスタート、なんて言うことが書いてあることが多いが、いきなりそんな大バクチを打つのは危険だ。

 

定年退職したサラリーマンなら、それくらいは出せると踏んでふっかけているのだろうが、素人にいきなり数千万の投資を薦めるなんて、あまりまともな商売じゃなさそうだ。

 

では一千万以下の資金でアパートが買えるのかというと、築年数が古ければ500万円や300万円くらいで買える物件もあるらしい。

 

特に築年数が40年以上のボロボロのアパートなどになると、100万円以下でも買えることだってあるらしい。

 

そういう少ない投資で大家さんの修行を充分積んでから、次の物件を探すというスタンスでアパート経営に挑戦すべきだろう。

 

最初からいきなり大金を投資してしまうと、思わぬ出費をする羽目になって、身動き取れなくなってしまう危険もある。

 

あくまでも我々は初心者なのだから、小資本から借金無しで出来るビジネスに徹するべきだろう。

 

北海道のカリスマ・アパートオーナー、加藤ひろゆき氏の本には、500万円から1000万円までで、利回りが30%くらいが一番お金が残ると書いてあるね。

 

NEXT:投資用物件・収益物件の探し方



広告

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第2位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第3位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第4位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光発電 相談
同条件でも100万円以上損することも?太陽光発電をつけるなら見積り比較を
太陽光発電 相談
産業用