内見者が入居を決めるリフォームとは

内見者が入居を決めるリフォームとは

★第1位★空室はこうやって埋めろ。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★第2位★まずはアパート一棟、買いなさい!石原博光の次世代アメリカ不動産投資術

★第3位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

安易なリフォームは命取り

アパートの空室対策、それは住環境の整備に尽きる。

 

住環境の整備とは簡単に言うと、部屋を探している内見者が一目見て、「この部屋で暮らしたい」と思うような部屋を作ることだろう。

 

だから仲介業者さんが内見者を連れてこようとも思わないようなみすぼらしい部屋作りをしていると、空室は半年たっても一年たっても埋まらないって事が起こってしまう。

 

ウォームライフ 収益物件専用内装コーディネートこれはファミリータイプの物件では致命的なようで、奥さんや子供が住みたくないと思ったら、いくら安い賃料を提示しても、それでもうダメなのだ。

 

シングルタイプの物件であれば、お金を節約したい学生や独身者の借り手も現れるだろうが、女性や家族持ちは、暗くて寂しい物件は敬遠するから、エ●ブルさんやミニミ●さんの営業マンも、紹介さえしてくれなくなる。

 

そうなると空室が埋まるのは絶望的だし、入居者が退去するたびに空室が増えるという憂き目に遭う。

 

これではアパートに投資した意味が無くなってしまうから、まず「仲介業者の営業さんが紹介しやすくなるように」明るく清潔感のあるリフォームをして、住みたくなるような部屋をアピールしないといけない。

 

ところが馴染みのリフォーム会社にリフォームを丸投げしてすると、そう言うリフォームにならない。

 

理由は簡単で、「いつもの通りやってしまうから。

 

」いつもの通りというのは今まで通りと言うことで、そうすると今まで通り、内見者を案内してもらえないリフォームになってしまう。

 

特に大家が男性で、リフォーム会社の担当者も男性だと、色に対する感受性が鈍感な場合が多いので、適当に安い素材をかき集めてリフォームしてしまう

 

ところがそれでは、色に敏感な奥さんや子供の気に入らないようなリフォームになってスルーされてしまうのである。

 

ウォームライフ 収益物件専用内装コーディネートNEXT:女性は男より色彩に敏感。

 

甘く見るな


スポンサードリンク

スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★空室はこうやって埋めれば良い。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★第2位★まずはアパート一棟、買いなさい!著者・石原博光の次世代アメリカ不動産投資術

★第3位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★まずはアパート一棟、買いなさい!著者の金利1.5%の融資で利回り19%の満室経営をする方法

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

アパート経営 空室対策 人気教材ランキング

★★空室はこうやって埋めれば良い。一級建築士・竹末治生の空室対策の徹底攻略セミナーDVD

★★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加