初めての投資物件は何がいい?

北海道のカリスマ・アパートオーナー、加藤ひろゆき氏の本には、500万円から1000万円までで、利回りが30%くらいの物件が、一番お金が残ると書いてある。

 

一方、500万円以下だとリフォームにお金がかかることが多く、逆に2000万〜5000万の物件では大手や資産家も参入しているので、競争率が激しく、入居者を集めるのが大変だという。

 

でも、500万から1000万くらいで不動産なんて買えるの?とか思ったりするけれど、ネットで売り物件を検索すると、都心部でもそれくらいで売っている不動産はいくらかはある。

 

渋谷から西に走る東急田園都市線沿線は、高級住宅街が多い地域ではあるが、それでもちょっとネットで検索すれば、1000万あれば買える中古マンションはいくつか見つかる。

 

新宿から出ている小田急線沿線なら、相模大野や町田あたりでも500万円くらいの中古マンションはあるし、中古の戸建て物件も800万円以下でいくつもある。

 

だから先入観を持たずに、とにかく物件を探す習慣を身につけるといいようだ。

 

売り物件情報は、新聞の三行広告と呼ばれる所にもよく載っているので、情報が出ているところこまめにチェックして見つければよい。

 

不動産価格相場の参考情報
こちらは普通の住宅などの相場が分かるサイト。

 

ヤフー不動産楽天不動産不動産なび

一棟売りアパート、一棟売りマンション相場の参考情報
こちらは収益物件、投資物件などの相場が分かるサイト。

 

満室稼働中でもでも売りに出されているアパートが結構ある。

 

売りアパート総合情報サイト・うりあぱCOM投資マンション.com(関東中心)一棟売りアパート・マンション検索日本マンション販売(関東地域のみ)NEXT:アパート経営に必要な税金とは



広告

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第2位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第3位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第4位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光発電 相談
同条件でも100万円以上損することも?太陽光発電をつけるなら見積り比較を
太陽光発電 相談
産業用