アパート経営のメリット(2)寝たきりになっても、お金が入ってくる

アパート経営のメリット(2)寝たきりになっても、お金が入ってくる

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

アパート経営は老後の年金代わりになる?

アパート経営のメリットの続き。

 

本や建設会社のHPなどに書かれているアパート経営は、こんなメリットだった。

 

  • 有利な資産形成ができる
  • 節税効果が期待できる
  • インフレ対策になる
  • 老後の年金代わりになる
  • 子供に残すことが出来る
  • 土地の有効活用ができる

土地の有効活用ができる

これはもちろん、遊休地を持っているヒトに限った話だろう。

 

土地持ちなら分かっているはずだが、更地で土地を持っていても、土地価格が急騰しない限り儲からない。

 

また土地転がし防止のために、更地の固定資産税は高く設定されているので、アパートでも建てて運営しておいた方が節税できるという話だ。

 

老後の年金代わりになる

アパート経営で家賃収入があると、年を取っても収入を得ることが出来る。

 

私が考えるに、これが一番のメリットだろう

 

管理や集金は管理会社に任せておけばいいし、申告なども税理士さんに任せておけばいい。

 

つまり寝たきりになってもお金が入るわけだから、毎日の生活にも余裕が出来る

 

子供に残すことが出来る

親から子供に資産を渡すというのは、なかなか難しい。

 

お金を直接子供に渡しても、それは渡しただけで終わりである。

 

子供に資金運用力がないと、あっという間に使い果たされてしまう。

 

じゃあ株式なんかはどうかというと、株だって株式投資が上手くないと、あっという間に損して減らしてしまう。

 

健全企業の創業者一族で配当だけで暮らせるくらい持っていれば、それは確かに資産と呼べるものかも知れないが、企業だっていつ倒産するか分からない時代であるから、資産とは言い難いから。

 

その点、アパート経営というのは、管理や集金は管理会社に任せてしまえばいいわけだし、いざとなったら自分で住むという事も出来るから、資産としてはかなり有望で、子供に残すこともできるだろう。

 

NEXT:アパート経営の7つの欠点とは?


スポンサードリンク

スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加