★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

木造建築は、風通し良く造られているので冷える

木造アパートをリフォームする場合、断熱リフォームも大きなテーマになる。

 

というのも木材は水に弱い建材で、長期間水に浸かっていると腐るし、シロアリにも食われやすい

 

そこで床を高くし、風通しを良くすることで、雨に濡れても、すぐに乾くように建てられている。

 

何百年も前に建てられた寺が今も残っているのは、風通しの良い建て方と、重要な箇所に雨が直接当たらないように、ひさしをつけているからだ。

 

しかしそのせいで、夏は涼しくて良いが、冬は非常に寒い住まいになる。

 

風通しが良いので、熱がどんどん逃げて、冷えやすいのだ。

 

そこで冬は襖(フスマ)や雨戸、畳などで直接風が当たらないようにして、暖を取るのだが、やっぱり寒い。

 

たとえストーブをガンガンに焚いても、どういうわけだか部屋がちっとも暖まらない。

 

と言うのも部屋の暖かさは「体感温度」で決まり、室温が上がるだけじゃダメなんだね。

 

体感温度は、肌に触れる空気の温度ではなく、輻射熱(ふくしゃねつ)で決まる。

 

輻射熱というのは熱放射とも呼ばれるが、物体の温度で決まる。

 

赤外線のような電磁波による熱が輻射熱で、太陽の光が暖かいと感じるのも輻射熱だ。

 

つまりストーブで室内の空気の気温を上げても、床や壁が冷えていると輻射熱が発生しないので、体感温度は低いままで暖かくならないのだ。

 

そこで近年行われるようになったのが、木造建築に断熱材を取り入れた断熱リフォームだ。

 

断熱リフォームとは、床や壁、窓などから熱を逃がさないよう工夫するリフォームだ。



断熱リフォーム 断熱材は帯に短したすきに長し。

木造アパートの部屋を暖かくするためには、断熱リフォームが必要だ。

 

断熱リフォームとは、床や壁、窓や出入り口と言った部分から、熱が逃げないようにするためのリフォームで、冬暖かい部屋を造るためのモノだ。

 

断熱リフォームには、床や壁に断熱材を入れ、窓を二重サッシにしたり、高断熱複層ガラスを入れたりする方法がある。

 

ところが断熱材を入れると風通しが悪くなって、湿気が籠もってしまう

 

良い部屋の一つの条件は「風通しが良い」ことだが、断熱で「風通しを悪くする」わけだから、上手くやらないとカビが生えたり、木部が湿って腐ったり、シロアリにやられやすくなる。

 

この矛盾をどうするかが、非常に難しい問題で、そのため非常にたくさんの断熱材が出回っている。

 

どれも「帯に短したすきに長し」で、どうしたら良いのか困る。

 

断熱材の種類と長所短所
断熱材の種類 長所 短所
グラスウール 安い。燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 湿気やすい。ズレたり偏ることがある。
ロックウール 燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 湿気やすい。ズレたり偏ることがある。
セルローズファイバー 燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 高い。湿気を通す。
羊毛断熱材 燃えにくい。火に強い。防音・吸音性能が高い。 湿気やすい。
ポリエステル断熱材 安い。火にも多少強い。防音・吸音能もある。 湿気やすい。
ポリスチレンフォーム 断熱性能が高い。湿気にくい。 防音性能はない。
硬質ウレタンフォーム 断熱性のが高い。湿気にくい。 防音性能はない。
発泡ポリカーボネート 湿気にくい。 防音性能はない。

 


不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加