アパート経営の6つの利点とは?

アパート経営の6つの利点とは?

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

アパート経営のメリットって

老後のためにアパート経営をしよう、ハッピーリタイアのために不動産投資をしよう。

 

しかしアパート経営や不動産投資は、一体何が良いのだろう?巷ではアパート経営に色んなメリットがあると言われているが、果たしてそれって本当なのか?多くの本に書かれているのはこんなメリットだ。

 

  • 有利な資産形成ができる
  • 節税効果が期待できる
  • インフレ対策になる
  • 老後の年金代わりになる
  • 子供に残すことが出来る
  • 土地の有効活用ができる
これはどちらかというと「今現在、そこそこの資産なり貯金があるヒト向けのメリット」であるが、一つ一つ項目を見てみることにする。

 

有利な資産形成ができる

有利な資産形成というのは、簡単に言うと「土地持ちになれる」ということだ。

 

建物が老築化したとしても土地を持っておれば、リフォームも建て直しも可能である。

 

更地で土地を持っていると固定資産税は大変だが、アパートが建っていれば、今の税制では半分くらいまで軽減される。

 

アパートが建っていれば、土地転がししにくいってことなんだろうけれどね。

 

節税効果が期待できる

アパート経営を行うときは、青色申告で節税が可能になる。

 

青色申告というのは帳簿を付けてそれを税務署に提出する申告方法だが、帳簿を付けるという手間の替わりに様々な特典が得られる。

 

アパートの場合はリフォームが頻繁に起こるし、減価償却もあるので、儲けはあまり変わらなくても節税で手取りを増やすことも出来るらしい。

 

まあ節税によって利益を増やすのはビジネスの本道ではないが。

 

インフレ対策になる

土地神話が崩壊し、インフレなんて早々起こらない現在の日本だが、世界人口が百億に近づくにつれて食料価格の暴騰が予想される。

 

そうなると当然インフレ圧力がずっと存在し続けるので、ジワジワインフレが進み、貯金などはドンドン減価してしまう。

 

それを避けるためには実物資産である土地やアパートが有利だという。

 

NEXT:アパート経営のメリット(2)寝たきりになっても、お金が入ってくる



スポンサードリンク

不動産投資 人気教材ランキング

★第1位★セミナーでは絶対に言えない最新ノウハウ石原博光・利回り19%の満室経営

★第2位★外資系不動産投資法プロ投資家のノウハウ伝授!

★第3位★マンション1室からアパート1棟へステップアップ法

★第4位★不動産投資資金・低金利で借りる日本政策金融公庫完全攻略レポート

★第5位★自己資金ゼロからの不動産投資・中村武司の競売不動産で稼ぐ方法・競売王

★第6位★光!頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

★第7位★積極的な空室対策で平均利回り13%満室アチーブメントプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加